組織体制

モノづくり日本会議の会員構成は、モノづくり推進会議の組織を一部改編し、運営していきます。なお、事務局は日刊工業新聞社内に設置します。
体制
モノづくり日本会議は、共同議長制で運営します。共同議長は、民間の立場から本会議の活動を先導し牽引していただく存在です。
企画推進委員会は、共同議長会員、常任幹事会員から選出された企画推進委員及び事務局で構成します。本会議が実施する事業の意思決定機関であり、事務局提案を受け、具体的な活動事業を検討、決定します。
総会は、共同議長会員、常任幹事会員、幹事会員で構成し、年1回開催します。
事務局は日刊工業新聞社内に設置し、本会議の実施運営、会員企業との連絡・調整、実施全事業の実務運営・管理部分を受け持ちます。